«昭和の中華屋さんを求めて! | HOME | 昭和の中華屋さんを求めて!»

昭和の中華屋さんを求めて!

2017年04月20日
うわさに聞いていた「屋島」
aDSCN9263 (2)_1071
店名の由来を聞くのを忘れた!・・・あ”~!・・・しっかし、両隣の店との連携プレーでビジュアル大賞候補にノミネートされるに違いないお店。

半チャーハンラーメンをいただく。700円。
aDSCN9251 (2)_1055
JINROのコップで飲む水は美味い!

テーブルの木目印刷デコラも旅情をそそる。(又ですか)

aDSCN9257 (2)_1056
醤油味(濃いめ)の懐かしい味のラーメン。

aDSCN9260 (2)_1057
ずっと鍋を振る音が続いていて、半チャーハンなのに丁寧な仕事をされているようだ、期待が膨らむ。

チャーシューの細切れの入った正しく旨い半チャーハン。・・・塩味は濃いけど!

aDSCN9247 (2)_1069
正しく昭和な店内。

aDSCN9249 (2)_1054

ご夫婦と思われるお二人で、会話もないのに見事な役割分担で仕事が進んでゆく。
メニューは豊富、夜は一杯やる人の時間に合わせての営業らしい。
もつ煮込みなどのつまみもあるようだ。

【屋島】

0465-35-1690
神奈川県小田原市荻窪471

| HOME |

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック